TRP2022

2022年4月22日㈮~24日㈰の3日間、代々木公園にて東京レインボープライド2022が開催されました。

東京レインボープライドとは、LGBTQをはじめとするセクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、「”性”と”生”の多様性」を祝福するイベントで、特定非営利活動法人 東京レインボープライドが開催しています。

東京レインボープライドの活動趣旨は、「らしく、たのしく、ほこらしく」をモットーに、性的指向および性自認にかかわらず、すべての人が、より自分らしく誇りをもって、前向きに生きていくことができるHappy!な社会の実現をめざしています。※東京レインボープライドHPより抜粋

TRPは、新型コロナウイルスの影響で、2020年からオンラインのみでの開催でしたが、今年は3年ぶりとなるオフライン開催となり、24日には生憎の雨の中、渋谷でパレードも行われました。

また今回より、パレードの参加や、土日の混雑が予想される日程については事前登録制となっていましたが、当日入場枠もあり、私自身も急遽時間が出来たため、24日に事前登録なしで会場に入る事が出来ました。

悪天候の為か、まだまだオフラインに抵抗があるからか、前回の2019年の時よりも参加企業や一般参加者の数が少なく感じましたが、普段生活していると全く気が付くことのないLGBTQの当事者や、その周りの賛同・支援してくださる方々の、リアルな姿を目の当たりにできる場があるという事に、感謝の気持ちで一杯になりました。

TRPは年に一度のお祭りのようなイベントですが、その日だけではなく、常に身近にある事として、多様性のある世の中の更なる発展の助けとなるよう、弊所も様々な形で支援する事が出来れば幸いです。

パレードは終了してしまいましたが、4月22日㈮~5月8日㈫は、「プライドウィーク」として、ゴールデンウィークの期間を虹色に染め上げるイベントも各所で行われています。

また、6月3日㈮ は「プライドカンファレンス」@オフライン、6月25日㈯~6月26日㈰ は「プライドトークライブ」@オンラインと、まだまだTRPのイベントは続きますので、ご興味のある方は是非ご参加いただけたらと思います。

今回のTRPにて入手した、トランスジェンダーフラッグをモチーフとしたピンバッチ

東京タワー台湾祭

今回は、弊所の近くにある東京タワーで行われております期間限定のイベント、東京タワー台湾祭2022GWをご紹介いたします。

東京タワー台湾祭は、「365日 台湾夜市を日本で。」を目的として、台湾各地の本格夜市グルメを提供し、台湾の“食”を通じて台湾を体感することで、日本と台湾交流の橋渡しとなればとの願いを込めて開催されているようです。

イベント会場には、「小籠包」・「牛肉麺」・「魯肉飯」などの台湾夜市屋台グルメはもちろん、「天仁茗茶(ティエンレンミンチャ)」の台湾茶やタピオカミルクティーなどのドリンクや、台湾鉄道弁当の「排骨飯(パイクーハン)」やカップ麺「統一調合米粉」がその場で味わえる飲食ブース、そして台湾からのお菓子、飲料、調味料、雑貨など台湾商材の物販ブース、さらには、日本初の「釣蝦(エビ釣り)」を体験することができるゲームコーナーもあるそうです。

台湾に訪れたことのない方も、何度も訪れている方も、気軽に台湾へ行けない今、現地の空気を感じられるイベントなのではないでしょうか。

私共も、日本と様々な国との架け橋となることを願っております。

弊所にお立ち寄りの際は、是非こちらのイベントにも足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

2022年5月8日㈰までの開催予定です。

入場チケット数量限定特別特典プラン(1000円)では、台湾パイナップル1個が付いてきます。

GW期間中の休業について


2022年、GW期間中の弊所の休業期間についてご案内申し上げます。

2022年4月29日㈮~5月5日㈭までGW休業とさせていただき、

5月6日㈮より営業を再開いたします。(7,8日は通常休業です)

ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

尚、緊急の方はメールまたは携帯電話へご連絡ください。

MAIL:info@sincerity-legal.com
TEL:080-1349-0425

ご挨拶

初めまして。
この度、Sincerity法務事務所でスタッフをする事となりました、吉田と申します。

私自身は社内サポート業務がメインですが、皆様がお気軽にご相談出来るように、事務所の様子や仕事内容、そして髙山代表の人となりなど、有用な情報をお届け出来れば幸いです。

先日は、若く見られがちですが、この道13年目に突入した、頼れる我らが髙山代表との打ち合わせでした。

まだまだ勉強中の身ではありますが、今まで以上に出来ることを増やし、少しでも皆様のお役に立てますよう、日々精進してまいります。

簡単ではございますが、以上をもちましてご挨拶とさせていただきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

【御礼】創立4周年記念日

2022年2月1日を以って、弊所はおかげさまで丸4年を迎え、5年目に突入いたしました。

これもひとえに皆様の甚深たる温かなお支え以外の何物でもございません。

お客様から賜るご愛顧はもちろんのこと、関係者皆様のお力添え、また、弊所スタッフの真摯な尽力、またそのスタッフを支えてくださるご家族を始めとした皆様によって支えていただいております。心から感謝、御礼を申し上げます。誠に、ありがとうございます。

未だ落ち着くことのない新型コロナウイルスとの戦いはついに2年を超えてまいります。我々はその中で、お客様おひとりおひとりに寄り添い、希望を見出し、どのようにこの先を見据えていくかをお客様目線で真剣に考え、行動してまいりました。

お客様の将来への展望や抱えていらっしゃる困難なご状況をヒアリングし、最適な解決策を共に見出し、お喜びいただける瞬間こそ、この上のない光栄と常々感じております。

AIがいかに発達し、テクノロジーがどんなに進歩しても、人には「心」があると私は考えます。

創業から一貫して「人の心を尊重し、皆様にとってお役に立てる事務所であり続けたい」という想いはこの先も変わりません。その想いを揺るぎのない基盤として据え、その基盤から創り出される新しい価値やさらなる発展に向けて真摯な努力を重ね、スタッフと共に本年も精進してまいります。

「虎は千里往って、千里還る」とありますように、寅年の本年はさらに皆様の幸せに貢献させていただけますよう、一心に走り回ってまいります。

本年も引き続き、何卒よろしくお願い申し上げます。

行政書士Sincerity法務事務所

代表 髙山 悠

2021年年末年始休業のお知らせ

≪年末年始休業のお知らせ≫
(休業)2021年12月28日~2022年1月3日
年内最後の営業日:12月27日㈪
年始最初の営業日:1月4日㈫

ご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

※メール、携帯電話は繋がりますので、緊急の場合はお気兼ねなくご相談ください。

Please feel free to contact us if you are in emergency.

【御礼】創立3周年記念日

2021年2月1日の本日を以って、おかげさまで弊所は3周年を迎えることができました。

未曾有の世界難の状況下にあって『石の上にも3年』を迎えさせていただけましたことは、ひとえにお客様、従業員、家族、周りの皆様のお支えの他なりません。日頃より並々ならぬご愛顧とご支援を賜っておりますこと、筆舌に尽くせぬほど深く感謝申し上げます。いつも、誠にありがとうございます。

私自身は前職にて貴重な下積み経験を8年積ませていただき、その後、独立・開業し、おかげさまで今年で12年目を迎えております。

入管法を始めとして労働法、社会保険法など労務関係の専門的知識を持ち合わせた上でのビザ申請では、ひとりひとりの申請をより細かく掘り下げてサポートをさせていただくことで、現在まで許可率100%の実績を保持してまいりました。

弊所ではビザ申請の他に建設業許認可申請も専門としており、その他、宅建業手続き、相続手続き、建築士事務所手続き、古物商手続きなども広く携わっております。

弊所はこれからもお客様を下から力強くお支えできるよう、トラブルを未然に防ぐ予防法務の観点から的確なサポートをご提供してまいります。

現状に満足することなく、専門家としても人としても常に自らを研鑽していき、ひとりでも多くの方にお喜びいただけるような真心こもったサービスをお届けできるよう、弊所一丸となってこれからも一心に努力、精進を重ね続けてまいります。

引き続き、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

行政書士Sincerity法務事務所

代表 髙山 悠

We welcomed New face as Translator!

今月より弊所の通訳・翻訳者としてVincentが勤務開始いたしました。彼はドイツ語、スペイン語、英語がネイティブレベルです。そしてまた、優しく穏やかで丁寧な対応をしてくれる心強いスタッフですので、日本語が苦手な方、母国語で事情を説明したい方、どうぞ安心して母国語でご相談ください。

Starting this month, we welcomed Vincent as a new interpreter and translator to our office. He is fluent in English, Spanish and German, so with the assistance of this kind, polite and reliable staff member, we invite all those who do not feel comfortable using Japanese, or would simply prefer to explain their situation in their native tongue to please feel free to contact us in any of the aforementioned languages.

A partir de este mes, le hemos dado la bienvenida a nuestra oficina como interprete y traductor a Vincent. Maneja los idiomas español, inglés y alemán, por lo que invitamos a todos aquellos que no se sientan cómodos con el japonés, o a quienes simplemente les gustaría explicar su situación en su lengua natal, a que, con el apoyo de este amable, cortés y confiable miembro de nuestro staff, se comuniquen con nosotros en cualquiera de los lenguajes antes mencionados.

Ab diesem Monat heißen wir Vincent als neuen Dolmetscher und Übersetzer in unserem Büro willkommen. Er spricht fließend Deutsch, Englisch und Spanisch. Mit Hilfe dieses freundlichen, zuvorkommenden und zuverlässigen Mitarbeiters laden wir all diejenigen ein, die sich mit Japanisch nicht wohlfühlen, oder einfach ihre Situation in ihrer Muttersprache erklären möchten, uns in jeder den oben genannten Sprachen zu kontaktieren.翻訳を見る

Das Jahr 2020 im Rückblick

Dieses Jahr war in jeder Hinsicht ein sehr überwältigendes Jahr.

Was für ein Jahr war 2020 für euch?

Obwohl jeder von uns eine andere Situation durchlebt, glaube ich, dass wir alle in diesem Jahr mit verschiedenen Schwierigkeiten konfrontiert wurden.

Es gab Momente, in denen der gesunde Menschenverstand und Dinge, die wir für selbstverständlich hielten, von Grund auf umgestoßen wurden; was uns gezwungen hat, unsere Lebensweise und unsere Werte neu auszurichten.

Es kam zu großen Streitereien in den Zügen wegen Leute, die eine Maske nicht aufsetzen wollten. Einige von denen wurden beschimpft und selbst durch die Waggons gejagt.

Medizinische Fachkräfte stoßen an ihre Grenzen, sowohl körperlich als auch geistig.

Viele haben ihre Jobs durch die wirtschaftliche Stilllegung verloren.

Einige haben sich aufgrund der Belastung durch Homeoffice scheiden lassen.

Studenten, die davon träumten in Japan zu studieren, wurden gezwungen in ihre Heimatländer zurückzukehren.

Andere konnten ihre in der Heimat lebenden Familienmitglieder dieses Jahr gar nicht treffen. Einige sind sogar gestorben, bevor sie ihre geliebten Menschen wiedersehen konnten.

Das Auflisten der schockierenden Ereignisse dieses Jahres nimmt kein Ende. Es ist wirklich herzzerreißend.

Unter diesen Umständen ist es normal, sich traurig, depressiv und sogar verzweifelt zu fühlen.

Es gibt keine Garantie dafür, dass morgen genauso sein wird wie heute.

Auf der anderen Seite gibt es Leute, die trotz dieser Umstände ihr Bestes versuchen, anderen anzusprechen und ihnen zu helfen: „Geht es dir gut?“ „Ist alles ok bei dir?“ „Sag Bescheid, wenn du Hilfe brauchst“.

Die Güte und Wärme dieser Menschen berühren mich tief im Herzen.

Ich verstehe es, wenn dabei folgende Gedanken aufkommen wie „das ist nur Heuchelei“ oder „Du kannst es dir leisten, freundlich gegenüber anderen zu sein, nur weil du Zeit übrighast“. Das habe ich in der Vergangenheit auch so empfunden. In gewisser Weise haben diese Gefühle auch eine Daseinsberechtigung.

Jedoch glaube ich fest daran, dass wahre Stärke gerade durch die konsequenten und unablässigen Bemühungen entsteht, sich aus Überzeugung zum Wohle der Welt und anderer einzusetzen, ob man nun dafür Zeit hat oder nicht.

Es ist leichter gesagt als getan, aber da wir uns inmitten einer globalen Krise und stürmischer Zeiten befinden, in denen wir körperlich und seelisch an unsere Grenzen stoßen, habe ich das Gefühl, dass dieses Jahr wirklich getestet hat, ob unsere Entschlossenheit als Firma „echt“ war oder nicht.

Dieses Jahr stand ich vor vielen Herausforderungen, sowohl beruflich als auch privat. Mehrmals am Tag jeden Tag, während ich die Nachrichten sah, in denen über Leben und Tod geredet wurde, dachte ich tief über die Bedeutung meines jetzigen Zustandes des „Lebendigseins“ nach.

Ich glaube, dass die Bedeutung daran liegt, sowohl in meinem beruflichen als auch in meinem privaten Leben, unabhängig von äußeren Faktoren, mit „Aufrichtigkeit“ in meinem Umgang mit den anderen zu agieren; sowie rechtzeitig und angemessen zu handeln, um so viele Menschen wie möglich Freude zu schenken.

Der Grundgedanke dabei ist das „Herz“ jeder Person weiterhin wertzuschätzen.

Heutzutage werden unsere Leben von der Entwicklung IT-Technologien unterstützt, die es zum Beispiel ermöglicht haben, dass wir remote arbeiten; eine Arbeitsweise, die sich in letzter Zeit stark verbreitet hat. Technologie ist und wird weiterhin ein unverzichtbarer Bestandteil unserer Arbeit und unserer Leben bleiben.

Doch egal wie fortschrittlich IT und KI werden mögen, egal wie sehr unsere Gesellschaft Effizienz und Produktivität betont, wir bei Sincerity legal werden weiterhin an die Bedeutung des Herzens jedes Einzelnen glauben. Es geht nicht nur um den Aufenthaltsstatus oder Genehmigungen und Lizenzen. Wir glauben, dass darüber hinaus das Herz von der Person sowie ihr Leben dahinterstehen.

Wir schätzen sehr das Herz jedes Menschen und werden uns weiterhin bemühen, eine Firma zu bleiben, die jeden Einzelnen Herzenswärme weitergeben kann.

Um dieses Ziel zu erreichen werden wir uns nicht an konventioneller Vorgehensweise festhalten, sondern weiterhin Verbesserung, Innovation und Integration anstreben, damit wir Schwierigkeiten mit einer vielseitigen Perspektive begegnen und unser Bestes zum Wohle anderer tun können.

Wir werden den Schwierigkeiten von 2020 nicht nachgeben, sondern uns immer wieder gemeinsam erheben und mit euch zusammen hoffnungsvoll Schritt für Schritt in das neue Jahr 2021 eintreten.

Es ist unser aufrichtiger Wunsch, dass diese noch nie da gewesenen harten Zeiten bald ein Ende finden, und dass ihr eure Tage in guter körperlicher und geistiger Gesundheit verbringen könnt.

Wir bedanken uns ganz herzlich für eure Unterstützung dieses Jahres und hoffen, dass ihr gut auf euer Wohlergehen aufpassen und die Tage zwischen den Jahren genießen könnt.

Geschäftsführer von Sincerity Legal Yu Takayama